フィデューシャリー・デューティー

お客様本位の業務運営方針

お客様のニーズに合った的確・最良のアドバイス

当社は、金融商品取引のプロフェッショナルとして「お客様にとって最善の利益」とは何かを常に考え、お客様にとって真に必要な資産運用アドバイスを行います。

当社は、お客様一人一人のニーズに合った質の高い商品・きめ細やかなサービスを提供していくことで、お客様の信頼を獲得し、自らの安定した経営基盤が確保されるようなビジネスモデルを追求し、変化するお客様のニーズに的確に対応できるように努めてまいります。

お客様にご納得いただける分かりやすい説明

当社は、お客様にご納得いただける分かりやすい丁寧な説明を行うよう常に心掛けております。

お客様一人一人がそれぞれの商品・サービスの重要な情報、手数料その他の費用等について、ご納得いただいた上で、安心してお取引いただけるよう努めてまいります。 説明の際には、誤解をまねくことのないよう、明確、平易な表現を用いるなど工夫し、お客様の理解にとって真に必要な情報を提供できるよう誠実に努めてまいります。

お客様に合った商品・サービスの提供

当社は、お客様の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを踏まえ、お客様一人一人にとってふさわしい商品およびサービスの提供をいたします。

お客様からの疑問や質問にも丁寧かつ真摯にお応えし、お客様のご理解を得られるように努めます。

なお、お客様の疑問が解消されない場合や、お客様のご理解が得られない場合、または複雑な商品やリスクが高い商品に関しては、商品の特性を踏まえ、お客様にとってふさわしいものであるかを慎重に検討し、場合によっては、当社からご提案を控えさせていただくこともございますのでご了承ください。このような視点は「お客様にとっての最善の利益」を常に考えていく上で重要であると考えております。

お客様との利益相反の防止と適切な管理

当社は、お客様と当社との間で発生する利益相反について正確に把握し、適切な管理を行うことが、お客様の利益を守るために重要であると考えております。

そのため、当社は、利益相反管理のための具体的な対応方針を定めており、お客様の利益が不当に害されることのないように努めてまいります。

「お客様本位の業務運営」の実現のために

当社は、お客様に当社を選んでいただいたことへの感謝を忘れず、お客様にご満足していただけるより高いレベルのご提案ができるように、従業員一人一人が常にお客様の利益を意識して行動し、レベルアップを図るように努めてまいります。

お客様との密接なコミュニケーションを大切に、「お客様本位の業務運営」が企業文化として定着するよう、従業員一丸となって取り組んでまいります。

※当社は、金融商品取引において金融庁の「顧客本位の業務運営に関する原則」を採用しています。

株式会社 ファーストパートナーズ
金融商品仲介業関東財務局長(金仲)第800号

当社は、所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。当社は、金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
所属金融商品取引業者が二者以上ある場合、どの金融商品取引業者がお客様の取引の相手方となるかお知らせします。
所属金融商品取引業者が二者以上ある場合で、お客様が行おうとする取引について、
所属金融商品取引業者間で支払う手数料が相違する場合は、その説明を行います。

所属金融商品取引業者:

株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

あかつき証券株式会社 関東財務局長(金商)第67号
加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会

TOP